不倫旅行は岩手の花巻温泉で

不倫旅行は岩手の花巻温泉で

ワタシは不倫パートナーと日ごろの疲れと垢を洗い流すために岩手の花巻温泉郷に行ってきました。
温泉に浸かってゆっくりしていると、またこれから頑張ろうという気力が復活してきた気がします。
ま、お風呂上がりのアツアツな時間が一番の薬になったかもしれませんね(笑)

不倫パートナーと新幹線に乗って不倫旅行

岩手への旅行は不倫旅行ですから、一緒に行ったのは不倫パートナーの女性でした。
早朝、駅で待ち合わせをしました。
彼女は袖がシースルーになっているシャツを着ていました。
彼女としては、涼し気な服装としてそれを選んだんでしょうね。
ワタシにはとてもセクシーな服装に見えました。
このままラブホに行こうかなと心が揺れましたが、なんとか我慢して新幹線に乗って岩手に向かいました。

不倫旅行では不倫パートナーよりもきれいな景色

新花巻駅で降りて、送迎バスに乗って花巻温泉郷へ向かいました。
灰色の景色にうんざりしていた目に、バスの車窓から一面に広がる田んぼの光景は癒しそのものでしたね。
景色に夢中で、不倫パートナーのことをおろそかにしていたのは、ここで懺悔しておきます(笑)
彼女とは旅行の間ずっと一緒にいるんだから、道中くらいは、ね。
彼女が話しかけてきたら適当に返事していたので、たぶん大丈夫、きっと大丈夫。
ワタシが上の空だったことには気づかれていないはずです。

不倫旅行の楽しみ 不倫パートナーと

今回の不倫旅行ではふやけるまで温泉に入りつくす予定でした。
旅館についてすぐに温泉に入りましたよ。

お風呂上がりの火照った顔をした彼女は、いつにもまして色っぽかったですね。
浴衣を着ていたのも新鮮で、それも彼女の色気を引き立てていましたよ。

ときどき部屋の前の廊下を人が通る物音が聞こえていたので、声を我慢したエッチになりました。
声は我慢しても、動きのほうは我慢しませんでしたよ。
だから、下の階の部屋のお客さんには何をしていたか気づかれていたかもですね。
フロントから苦情は来なかったので、大丈夫とは思います。

一回目のエッチを終えて、少し休憩したらまたお風呂に入りに行きました。
今回は彼女のほうは部屋で待っていると言って、すぐに眠ってしまいました。
ワタシがお風呂から戻ってきても、彼女はまだ眠っていましたよ。
しかし、ふとんに潜り込んで寝ている彼女の股間に入りました。
股間を舐めていたらビクッと彼女の体が震えて目が覚めたようでした。
「もーっ」と怒っていましたけど、最後には受け入れてくれましたよ。
そんな調子の不倫旅行でしたが、すっきりリフレッシュできました。

不倫旅行体験談カテゴリの最新記事