不倫パートナーと伊勢神宮で不倫旅行

不倫パートナーと伊勢神宮で不倫旅行

ぼくは不倫パートナーと三重の伊勢神宮に不倫旅行に行ってきました。
ぼくらがやっていることは不倫ですから、ここらで「お清め」をしておこうかなと思ったんですよ。
お清めに関しては彼女には内緒にしているんですね。
彼女には伊勢神宮に行ったことがないから行ってみたくなったと言ってあります。
彼女も行ったことがないというので、今回の旅行の目的地が決まったんです。
何年か前に三重でサミットが会ってから気になっていたのもあるんですね。

不倫旅行に行った不倫パートナーは薄化粧

不倫パートナーの彼女は、いつも化粧が薄いんですね。
ナチュラルメイクというんでしょうか。
薄化粧で、化粧をしていないように見えるほど自然な感じなんですね。
ちなみに、ぼくは薄毛症。

彼女の、無理に若作りしない感じが気に入っているんですよ。
元がいいからこそ化粧しなくていいんでしょうね。
セックスの後で化粧するところを見ていますが、いつもささっと手早く済ませちゃうんですよ。

顔もいいけど、彼女はとてもスタイルがいいんです。
ミニスカートがとても似合うんですね。
デートにはよくミニスカートを履いてきてくれるんです。
しかし、デート以外でもいつもミニスカなんだそうで、ミニスカを履いて一人で出かけても家族には不審に思われないらしいんです。
そして、不倫旅行にもミニスカを履いてきました。

不倫パートナーは不倫旅行でもミニスカート

朝早く三重について、まっすぐ伊勢神宮へ向かいました。

予定では、伊勢神宮観光を終えてからほかにも観光に行く予定にしていたんですが、伊勢神宮で時間を使ってしまったので、今回の不倫旅行では伊勢神宮だけになりました。

境内を歩き回るには彼女のミニスカートはふさわしくなかったかもですね。
ミニスカは彼女のポリシーなんだろうが、階段の上り下りが大変そうだったんですね。
これは今すぐにでもミニスカートから解放させてあげなくてはと思いましたよ。
旅行のときくらい歩きやすい格好をすればいいのにと思いましたけど、ポリシーならしゃーないと思って彼女には話していません。
ヒールのある靴を履いていたら脱がしていましたけどね(笑)

不倫パートナーとの不倫旅行の夜はいつもどおり

三重で泊ったのはもちろん普通のホテルでした。
しかし、いつもラブホテルでやっていることと同じことをやりましたね。
だったら今度はラブホテルに泊まろうか、なんて話していますよ。

歩き回って疲れたと布団の上に横になる彼女に覆いかぶされると、細く長い脚が腰やお尻に絡んできました。
疲れていても、本能が求めているんでしょう。
脚をからませたままつながっていました。
動きのほうはゆっくりになりましたね。

不倫旅行体験談カテゴリの最新記事